貧乏暇なしから脱却するために

ひとりで「愚直な実践」をできますか?

今回の企画は「愚直な実践」をする 自信がない方に捧げます
支援塾Sparta 第2期に申し込む

2012年に未来会計コンサルタント養成塾・2014年に経営計画コンサルタント養成塾をたちあげました。

ありがたいことに、2019年までに333名もの会計人が卒業されました。

そして、飯島がその養成塾をやっていた8年間で、言い続けてきたことはたった1つ「愚直な実践」です。

とは言っても、養成塾を卒業したら「愚直な実践」をする機会がなくなり、ただ勉強しただけになってしまう。

養成塾の期間中の実践と卒業後の現実に乖離がどんどん生じてきたことで、飯島自身いったい何のためにやっていたんだろうと考えるようになりました。

そこで、2019年中に2020年以降養成塾をやらないという宣言をして、「愚直な実践」に比重を置いたサービスをリリースしました。

【会計事務所経営支援塾Sparta(スパルタ)】

【会計事務所経営支援塾Sparta(スパルタ)】とは、7~8名の会計事務所経営者が1組となって、そのグループメンバー全員が、各自の現状である“貧乏暇なし”から脱却するために「愚直な実践」をすることで成果が出る会計事務所へと変革するという企画です。もちろん、どうして良いか分からないという方もいますから、われわれが具体的にすべきことを仮想上司として指示することで愚直な実践をしていただきました。

2020年4月から11月までの8か月間の企画でしたが、当初われわれが想定していた以上に参加者各自が大いに成長されました。しかも、ほぼ全員といっても過言ではないほどの驚異的な成果が出たことも驚きでした。はっきり言って、この【会計事務所経営支援塾Sparta(スパルタ)】は成果という観点から言わせてもらえば、100%自信のある企画です。

そこで、今回は【会計事務所経営支援塾Sparta(スパルタ)】の2期生(2021年版)の受講生を募るためにご案内をさせていただきます。もし、あなたが貧乏暇なし税理士・会計事務所から脱却したいと強く思うのであれば、ぜひ下記の内容をご確認のうえご判断下さい。

会計事務所経営支援塾Spartaで

貧乏暇なし税理士から脱却できる5つの理由

これまでに飯島が300もの会計事務所を指導してきてたどり着いてきた結論が、

税理士・会計事務所は貧乏暇なしである

ということです。

確定申告書でチェックしてきましたから、この結論は間違いありません。
事実、散々このことを申し上げてきましたが、同業者からその見解は間違っているとクレームを頂いたことはありませんから、間違いないと確信しております。

だからこそ、飯島自らいかに貧乏暇なしから脱却できるのかのstepをつくりあげ、世に発表してきました。
それがこちらです。

とりわけ、2・3・4のいずれかで苦戦をしているがため、どんなに頑張っても貧乏暇なしから脱却できないのです。

もっと言うなれば、税理士が学ぶ機会はセミナー等でたくさんあるのですが、実践する場は全くないと言っても過言ではありません。だからこそ、会計事務所経営支援塾Spartaにて「愚直な実践」をすることで各自が自立し成果の出る形に整えるように構成しました。

そこで、下記に会計事務所経営支援塾Spartaの5つのサービスラインナップを共有させていただきます。

サービス1、グループコンサル(月1回2時間、ZOOMにて)

各人の未来会計のレベルの確認をし、上司が各人に対し必要なアドバイスをし、共有する

各グループ月に1回事前に決めた日程で2時間のWEBミーティングをします。

各自、現状報告・悩みに対して、仮想上司(会計事務所コンサルタント)がズバリ回答します。

われわれとしては、これまでに数百名の税理士の悩みに対応してきましたから、現状からいかに脱却できるのかを各人ごとに指導させていただきます。

実は、自分の悩みだけではなく、他のメンバーの課題・解決策を共有が出来、多くの気づきが得られるケースが多々あり本人だけでは気づけない課題と解決策を手に入れることができるようになります。

サービス2、TANREN(未来会計の実務トレーニング・相互評価)

未来会計のデモ実演を各自実践し、メンバー同士相互評価して引き出しを一気に増やす

経営者にとって、個別具体的な指導・アドバイスしれくれる人は誰もいません。

しかし、会計事務所経営支援塾Spartaにおいては、事務所規模や業歴関係などまったく関係ありません。

自事務所のPDCAの状況を共有していただき、各グループの上司である会計事務所コンサルタントが都度フィードバックをさせていただきます。

1
毎月第一木曜日に、とある1社の“試算表”と“問題”を事務局から全メンバーに配信します。
2
1週間以内に、各自、問題に沿って未来会計の実演をしていただきます。(目安:4分)
 (その様子を、スマホまたはPCで撮影して、所定場所にアップロードしていただきます。
  撮影からアップロードのやり方は、事務局が指導しますのでご安心ください。)
3
回答期日の翌日に事務局から模範解答を配信します。
4
模範解答をもとに、自分が所属するグループメンバー同士の採点を行っていただきます。

ちなみに、日本で唯一の未来会計の実践場でもある「月次決算道場」の上位ランカーは軒並みこのTANRENで実力を養ってきた方々です。(写真は、月次決算道場2020決勝進出者の飯田隆一郎先生)

サービス3、週報提出と専任上司からのフィードバック(週1回)

時間を大切にするために週単位で、仕事の振り返りをしてPDCAを回す習慣を身に付ける

経営者にとって、個別具体的な指導・アドバイスしれくれる人は誰もいません。

しかし、会計事務所経営支援塾Spartaにおいては、事務所規模や業歴関係などまったく関係ありません。

自事務所のPDCAの状況を共有していただき、各グループの上司である会計事務所コンサルタントが都度フィードバックをさせていただきます。

結果として、

1
ご自身の思考の整理ができる。
2
各自の目標に対して、毎週の取り組みの方向性があっているかを専任上司にチェックしてもらえる。
3
チーム員、互いの取り組みの共有を図ることで、互いに成長を加速させられる。

サービス4、グループチャットワーク(随時)

共に未来会計を実践することを誓った同志といつでも課題・悩みを共有し、解決へと導く

会計事務所経営支援塾Spartaの全メンバーには各グループごとのチャットワークグループに招待させていただきます。

そこで、各グループにおいて自由に意見交換を日々されて下さい。

結果として、他メンバーの取り組み・活動が大きな刺激となり、行動が持続化しますし、チームメンバーとの絆が行動を促してくれるものです。

サービス5、個別ミーティング(随時・希望制)

具体的にどの会社をどう導けばよいのかを、未来会計コンサルタントが個別指導します

上記の1~4までのサービスでは、具体的にあなたの顧問先に対しどうやって未来会計を展開すればわからないかもしれないので、ご希望がありましたら事務局にお申し出ください。

1期生においては約50回ほどの相談にのった実績がございます。

グループコンサルでは相談がしづらい具体的なお客様への月次説明・アプローチの方法をお伝えることができますから、あなたの顧問先の満足度も飛躍的にあがるものです。

会計事務所経営支援塾Sparta(スパルタ) 2021年(第2期) 開催概要

企画名:会計事務所経営支援塾Sparta 2021(第2期) 参加対象者:会計事務所経営者(決裁権のある後継候補者含む)に限る 期 間:2021年4月~11月
WEBミーティングの日程:        詳細は2021年1月に案内しますので、その後に希望を募ります。       (いずれも平日、全部で6コマ、他グループへの振替受講可)
運 営:8名で1つのチームを構成
  • 毎月、WEBミーティングにて各自の進捗状況確認(各グループ2時間)
  • TANREN(未来会計の実践トレーニング)の実践
  • 毎週、事務局と自グループに、自身の進捗の状況を週報にて報告
  • 個別相談会(任意)
  • そのほかの運営に関しては、各グループにお任せします。

定 員:48名(8名×6チーム) 通信手段:ZOOM(こちらからURLを提供しますので、有料課金される必要性はありません)
仮想上司(セミナーでいう講師の位置づけ): 梅原 翔 (株式会社古田土経営 チームリーダー・会計事務所コンサルタント) 西木 俊輔(株式会社古田土経営 チームリーダー・会計事務所コンサルタント) 主催元:株式会社古田土経営 責任者:飯島 彰仁(株式会社古田土経営 代表取締役社長)

支援塾Sparta1期生のリアルな感想

第2期でも上司(講師)を務める梅原と西木が指導した1期生から

いただいた感想の一部を共有させていただきます。

会計事務所経営支援塾Sparta2020 Eチーム

飯田隆一郎税理士事務所 飯田 隆一郎 先生

会計事務所経営支援塾Sparta2020 Fチーム

税理士法人KTリライアンス 東元 美恵 先生

会計事務所経営支援塾Sparta2020 Cチーム

竹内会計事務所 竹内 千晶 先生

会計事務所経営支援塾Sparta2020 Eチーム

濱浪税理士事務所 濱浪 純 先生

会計事務所経営支援塾Sparta2020 Gチーム

渡利会計事務所 渡利 裕亮 先生

振り返って考えると、Spartaはこれすごいことやってるんじゃないか、一生の中でこんなことあるか、と思います。税理士交代のお客様の反応からして、これが人に喜んでもらえる会計人人生だと実感してますし、もちろんまだまだ出来ないことだらけなんですが、一般の事務所とは明らかに違ってきていると思います。

会計事務所経営支援塾Sparta2020 Gチーム

税理士事務所松原会計 松原昌基さん

 

お客様への提案方法の引き出しが増えたと思います。自分が所長になるとなかなか他の人がお客様にしている提案を見ることができません。それができるのがTANRENです。そのやり方をそのままパクればいいのでとても楽です。やはり経験に勝るものはないと思っていますが、短時間であたかも経験したような機会を得ることができました。とても画期的なシステムだと思います。

会計事務所経営支援塾Sparta2020 Bチーム

高橋公認会計士・税理士事務所 高橋英明さん

 

成果をひとことで表すとすると「客層チェンジが進んだ」ことです。

こうやって客層をチェンジしていくのかと体感できました。

あとは、やったこと、もっとやっていきたいことを経営計画書にまとめていけば、継続して成果がでていくのではないかと直感的に思えました

会計事務所経営支援塾Sparta2020 Dチーム

西村賀彦税理士事務所 西村 賀彦 さん

 

グループコンサルという形が非常に良かったと思います。極端な話、飯島さんと西木さんだけから直接コンサルを受けていただけでは結果が異なっていたかもしれません。「こういう事やったよ!」と皆様に報告して、それに対してフィードバックをいただけるので、報告しがいがあります。

やはり、SNSと同じで、フィードバックをいただけると嬉しいので、また行動しよう、報告しよう、と思います。

会計事務所経営支援塾Sparta2020 Bチーム

内田経理事務所 内田伸さん

 

マニュアル作成、工数管理、ステップアップシートなど、業務の共有や求められているスキルなどを見える化と仕組み化をできたことで、事務所の業務効率が一気に改善しました。
さらに社員教育(理念教育)に力をいれて、取り組み続けたことでスタッフの意識が大きく変化している実感があります。また自社ブランディングに関しても、自分のなかでより自分は何者か?どんな価値が提供できるのか? の部分がはっきりとわかるようになったため、リアルでは紹介や契約が一気に増えました。事務所経営は目的をもって、意識的に改善に取り組むことでスピードをもって良くすることができると認識することができたことは貴重な財産です。

会計事務所経営支援塾Sparta2020 Dチーム

大阪総合人財経営株式会社 佐藤 充さん

 

まずは生産性を見直すことにより顧客の整理をすることができた。顧客にやってもらうこと、値上げ、契約解除と現状分析し見直すことにより事務所全体の生産性が上がりました。値上げに関しては当初は値上げに応じてくれるのだろうかと心配していましたが、ほとんど断られることなく値上げ交渉をすすめることができました。心配するよりまずは行動を起こして、それに対応すればいいんだなと。動くことが大事ということを改めて気づきました。

会計事務所経営支援塾Sparta2020 Fチーム

幸松税理士事務所 幸松慎太郎さん

 

TANRENの課題から月次決算書を通じてお客様へのアドバイスの仕方を多く学びました。

月次決算書はただの数字の共有ではなく、お客様の行動にいかに結びつけるかの道具として活用するかが大事だと教えられました。又実践報告についてのアドバイスを上司やメンバーからもらえるので自信をもって進めることができました。

会計事務所経営支援塾Sparta2020 Bチーム

税理士法人空の色 山口和佳子さん

 

本当にうちの事務所がお役に立ちたいお客様を明確にすることがでました。そのおかげで、うちが望まないお客様を解約することができたり、本当に望むお客様の獲得をすることができました。月次決算書と経営計画書を愚直に実践することで、値上げにもつながりました。
スタッフ教育が進みました。現状の洗い出しをして、マニュアルを作成して、共有して、チェックする体制ができるようになってきました。こちらに関しては終わりがないので、常に改善していきます。

会計事務所経営支援塾Sparta2020 Fチーム

鈴木慎吾税理士事務所 鈴木 慎吾 さん

 

週報での取り組みや行動を俯瞰して的確にアドバイスやフィードバックして頂けたのが良かったです。取り組みが停滞している、このままのペースで良い、もう少し頑張れる、という時に、的確にフィードバックや提案をしてもらえたと思います。

やはり自分のことは自分には分からないので、俯瞰してもらえる上司の存在はとてもありがたかったです。

会計事務所経営支援塾Sparta2020 Gチーム

渡利会計事務所 渡利裕亮さん

 

なによりも、どんな事務所になりたいのか、使命感というものに気が付かせていただきました。それまでも文字としては理念を持っていましたが、会計人としてなにをやるべきなのか、なにをしていけばいいのか、ということをはっきりと自覚し、行動できるようになったのが一番の得た物です。

また、同じ方向性を向いて頑張っている同業の方がいて色々な悩みや情報を交換できる同志を作れたのも、大変感謝しております。

会計事務所経営支援塾Sparta2020 Bチーム

作花経理事務所 作花良祐さん

Sparta参加に際しての心得

会計事務所経営支援塾Sparta2020はとにかく「愚直な実践」と「自立に基づく成長」にこだわりました。

そのため、参加会員のみなさんには相当ハードなルールと課題を提供しました。

それをいくつか紹介させてもらいますと、次の2つがあります。


・定員(50名)を超えていただので全員受け入れることはせず、事前審査のうえ本科生と研究生とにわけさせていただきました。

・週報・TANREN等の提出やミーティング参加が時間内にできなかった場合は、ペナルティ(レッドカード、チーム員はイエローカード)、イエローカード2回でレッドカードで退会扱い(実際、研究生に降格させられた事例はありました)


しかも、50名全員飯島が講師を務める養成塾に参加したメンバー(会計事務所維新の会 所属)ですから、先生面することもなく、実にまじめで一生懸命な方々ばかりでした。ですから、非常にやりやすかったです。


そこで、今回初めて参加されるみなさんにご理解いただきたいことをここで共有させていただきます。


本企画は、あくまで未来会計を実践できる会計人として大いに成長したいという方に「のみ」ご参加いただきたい企画です。実力的にも人間的にもです。ですから、事務局が作ったルールを順守できないと事務局が判断した場合は、完全退会していただきます。

「時間を守れない」、「期日を守れない」という方は、いくら仕事ができてもわれわれが目指している立派な未来会計コンサルタントにはなれません。退会していただくことをお伝えしておきます。

参 加 費 用

会計事務所経営支援塾Sparta2020(第2期)の参加料金ですが、前回同様の正規料金100,000円/月(税抜き)とさせていただきます。2020年に行った会計事務所経営支援塾Sparta2020での成果を踏まえますと、十分それだけの価値はあったと自負しております。


ただし、下記に該当するものがありましたら、正規料金から控除させていただきます。


控除項目候補 その1、会計事務所経営支援塾PDCA の月額会費(20,000円)の充当

控除項目候補 その2、未来会計の実務トレーニング(TANREN)の内容をグループ内で相互評価をしていただければ、月額20,000円/月の控除

控除項目候補 その3、Sparta期間中は、課題提出の期日・WEBミーティング等の参加時間を厳守できている限り、月額20,000円/月の控除


つまり、会計事務所経営支援塾PDCAの会員であり、毎月・毎週少々の手間暇をかけ、当たり前のことを当たり前のように実践して頂けるのであれば、正規料金から最大60,000円を控除した「40,000円/月でご参加いただく」ことが可能です。

※1、控除項目候補その2・3は、技術的に不可能ということはございません。
   こまめに手間暇かけていただければ誰でも実現できますので、ご安心ください。

※2、もし、途中で該当しないこととなった月は、当該月の正規料金からの控除はなくなります。

参 加 特 典

1、「会計事務所維新の会」への入会 可

株式会社古田土経営の代表取締役社長の飯島が主宰を務める「会計事務所維新の会」は、 これまでに飯島が講師を務めてきたグループコンサルティング(未来会計コンサルタント養成塾・経営計画コンサルタント養成塾)を卒業された会計事務所経営者・幹部の方330名で構成される組織です。

会計事務所維新の会は、「会計人の手で、日本中の中小企業を元気にする」というミッションのもと、さまざまな情報交換される組織です。飯島自身も平日は、現場を見ての気づきですとか、経営をしていての気づきを書き綴っております。

以上のような会に参加できるのは、今はこの会計事務所経営支援塾Spartaしかございません。 しかも、入会金・参加費は、完全無料です。

2、「経営計画作成25時間合宿」に経営計画指導員として参加 可

弊社でヒットしている一般事業会社向けに毎月開催している「経営計画作成25時間合宿」に指導員としてご参加いただけます。「経営計画作成25時間合宿」にご参加いただければ、中小企業経営者に対してどのように指導しているのかの流れ、ツールの使い方、ノウハウのすべてを身に付けることができます。

参加していただければ、未来会計と経営計画書の奥深さが良くご理解いただけるはずです。
3日間ございますが、初日だけ、または初日・2日目だけ参加という選択もできます。
「未来会計と経営計画を本格的に実践したい」という方には絶対にお勧めの企画です。
参加費は無料です。

Q & A

Q. 第1期との違いは何ですか?
毎月テーマを決めて各グループにおいてMVPを選出します。
そして、事務局の判断のもと48名全員で共有した方がよさそうな事例を全体発信させていただだきます。
イメージとしては「Sparta48」のメンバーで毎月総選挙をするということです。
良い取り組み・実践はみなで共有しようというスタンスで開催します。
48名みなで成果を出せるように事務局としてもサポートをさせていただきます。
また、グループ交流戦を企画をしようと考えております。
Q. 途中退会とかできますか?
いつでも、できます。
とは言いましても「やる気がなくなったので途中でやめます。
」という温度感の方を面談で通すこと自体ありえません。
そういうスタンスなのであれば、絶対に申し込まないでください。
グループのメンバーが迷惑します。
何が何でも、これを契機に会計人人生を変えるぞという方にご参加いただく企画です。
Q. マニュアルとかはもらえるんでしょうか?
考え方は伝えますが、ツールやマニュアルをわれわれから提供することはありません。
支援塾PDCAに存分に入っていますので、そちらを活用していただきます。
人から借りたマニュアルほど使えないものはありません。
ご自身での作り方のヒントは存分にお伝えしますので、ご安心ください。
Q. 自分はひとりで会計事務所を運営している税理士なのですが、参加できますでしょうか?
ほかにもおひとりで運営されている方はいらっしゃいます。まったく問題ありません。
Q. 弥生会計と会計参謀を使っていないので、古田土会計のように未来会計ができないのですがどうすればいいでしょうか?
これから導入されるのであれば、グループミーティングまたは個別ミーティングにて指導しますのでご安心ください。 導入される予定がないのであれば、ないなりにどうすれば良いのかをお伝えしますので、ご安心を。
Q. 未来会計をやったことがないので実力的についていけるのかすごく不安です。
みなさん最初はそんなものです。
われわれから言わせてもらえば、どんぐりの背比べのようなものです。
あなたのステージに応じた指導をさせていただきますから、ご安心ください。
Q. 顧問料金の安い顧問先ばかりなので、すぐに現場で実践できませんが、ついていけるでしょうか?
安かろうが、その顧問先に対して実践しなくては、明るい未来を描くことはできません。
ですから、まずは目の前の顧問先に対してどうやって実践するのかのノウハウをお伝えします。
Q. 梅原氏と西木氏はお若いようですが、実力はどれほどの方でしょうか?
2人とも270名の社員を擁する古田土会計グループの幹部です。
しかも、第1期生に対しては、ほとんど2人が指導をし、上記のように感想をいただけるほどの実力を兼ね備えております。
会計事務所経営のコンサルタントとしては、2020年においてはもっとも成果を出している2人だと思っております。
Q. 顧問先とのやりとりの都合でWEBミーティングに間に合わない場合は、料金控除をしてもらえますか?
できません。
許されるのは、冠婚葬祭、体調不良(本人・家族)等の不可抗力によるものに限らせて頂きます。
それほどの用事であれば、いくらでもコントロールできるはずです。
むしろ、それほどのことをコントロールできないのであれば、経営者失格ですからこの企画に参加されない方が良いです。
Q. これまでに何度かTANRENはやらせてもらいました。
TANRENにはものすごい魅力を感じています。TANRENだけをやらせてもらうことはできないでしょうか?
2021年はTANRENだけを実践できるサービスをリリースする予定ですから、そちらをお勧めします。
Q. 1期生って全体的にどんなノリ・風土ですか?
同業者とは思えないほど人間関係が良いです。
それもそのはず、グループコンサルを受けるメンバー同士ですから、いろんな悩みを共有することになります。
同じ釜の飯を食う者同志たがいの成長を願い、支援激励する風土になっています。
ですから、距離を置きたいという方には向かない企画です。

最 後 に

あなたの会計人人生を変えるならこのタイミングしかないと言っても過言ではありません。


きっと仮想上司にぼろくそ言われますよ。

めちゃくちゃ忙しいのに「あれやれ、これやれ」と言われます。

やらなかったら、人前でめちゃくちゃ叱られます。

人に依存したり、自分だけ良ければ良いと発想する人でしたら即退会していただきます。

やるのは自由ですが、「教えてくれるんでしょ」という考えの方を入れるつもりはさらさらありません。

おそらく「あ~~、こんなことなら入らなきゃよかった~」って思うと思います。


でも、、、

今のまま貧乏暇なし税理士として一生やっていくのか、それともこれを機会にそこから脱却できるか否かは

この決定にかかっています。


忙しいと言い訳するのも良し、

お客さんがいないからできないというのも良し、

すべてはあなたの会計人人生にかかっています。

「経営とは決定なり」 一倉 定

あなたは、あなたの未来に対し、どんな決定を下しますか?

支援塾Sparta 第2期に申し込む